「自分でできる顎関節症の治し方」

1、自分でできること。

 

顎関節症なのかな?

 

何をすればいい?

 

 

 

やはり一番は専門家に診てもらうことですが、

 

病院に行くほどじゃない。。。

 

 

 

でも、

 

どんなことをすればいいのでしょうか?

 

マッサージ、体操について話していきますので、

 

よかったら参考にしてください。

 

 

 

注意事項これだけは守ってください。

 

・痛みがある時は行わない

 

・悪化したら行わない、専門家に見てもらう

 

・無理はしない

 

 

 

 

1ー1、マッサージ

 

なかなかよくならない顎関節症ですが、

 

筋肉に原因がある場合はマッサージだけで効果が出ます

 

 

 

こめかみから少し耳寄りの部分を左右同じ力で

 

円を描くように圧をかけながらマッサージをする。

 

 

 

場所がわからない方は、食いしばって見ると動く筋肉の場所です。

 

その周辺を触って圧をかけてみると「ツッーン」としたところがあるので、

 

「ツッーン」とする場所をマッサージしてください。

 

 

 

 

1ー2、体操

 

まずご自分でされる時は無理しないでください

 

鏡を手に持って行うか、鏡の前に立って行ってください。

 

 

 

最初は特にわからないと思うなで、

 

ゆっくり確認しながら行いましょう

 

 

 

2、気をつけること

顎関節症になられてる方も、

 

なられていない方も対策をして気をつけていきましょう

 

 

 

まずは、

 

原因になる癖をなくしていきましょう

 

 

 

歯ぎしり、食いしばりをしているか、確認していきましょう。

 

何気なく無意識にされていることが多いです。

 

 

 

何かに

 

集中している時緊張している時にも注意です。

 

 

 

無意識にしてる歯ぎしり食いしばりをしなくなるだけで、

 

顎の負担がなくなりこれだけで症状がなくなる方も見えます。

 

 

 

もちろん症状や原因によって異なりますが、

 

これだけでも変わりますので試してみてください

 

他にも気をつけることありますので紹介していきます。

 

 

 

 

1、姿勢

 

 

姿勢一つですが、

 

スマホをずっと使っていて、姿勢が前傾になっていると

 

顎が前に出ていて顎の可動域狭くなります。

 

 

 

前傾になることで、

 

顎や筋肉に負担がかかり顎関節症になりやすくなります。

 

 

 

顎関節症以外の方でも可動域は狭くなります。

 

一度普段の姿勢を気をつけて見てください。

 

姿勢が悪いと顎関節症だけではなく

 

他のところにも悪影響を与えてしまいます。

 

 

 

 

2、寝かた

 

寝ている時の姿勢も大事です。

 

「寝ている姿勢が?」

 

と思いますが、一番気をつけないといけない姿勢は、うつ伏せです。

 

 

 

うつ伏せで寝てしまうと、

 

顎に負担がかかり、寝ている間に顎に歪みを加えてしまいます

 

 

 

仰向けとは言いませんが、

 

なるべく仰向け、もしくは横向きで寝れることをお勧めします。

 

 

 

寝ている時にも顎の負担をかけていたら

 

一日中顎が休まる時がないので顎関節症は

 

悪化していくしかありません。

 

 

 

うつ伏せでしか眠れない方もいると思いますが、

 

顎の負担をなくすためにうつ伏せを避けてください

 

 

 

3、原因になることを避ける。

 

原因は食いしばり、歯ぎしりだけではない。

 

顎ばかりに目を向けていましたが、

 

本当の原因は顎以外にあるのです。

 

 

 

自然と生活しているうちに癖になっていることが

 

無意識に行っているのです。

 

 

 

食いしばりでも、夜に行われているのと

 

日中に行われているのでは力の入り方が変わってきます。

 

 

 

日中だと自然と制御して力を抑えますが、

 

寝ている時だと力を制御できないため力一杯食いしばり

 

寝ている時は日中の何倍もの力になります。

 

 

 

 

1、食事に無意識に片方で噛んでいること

 

左右どちらか片方ばかりで噛まれる癖があることを

 

偏咀嚼(へんそしゃく)と言います。

 

 

 

片方ばかりで噛んでいるとどうなるのか、

 

噛む時に使う筋肉が片方がメインで使われるので、

 

負担も大きくなり顎関節症の原因になります。

 

 

 

これだけでも顎の位置がズレることがありますので

 

意識して顎を使ってください。

 

 

 

 

3ー2、頬づえ

 

顎関節症で頬づえはよく原因にあげられていますが、

 

なぜ原因になっているのか話して行こうと思います。

 

 

 

頬づえをつくと、顎を前に引っ張ってしまい、

 

後ろに引っ張る筋肉が緊張して抵抗してしまいます。

 

 

 

この状態を繰り返しているとだんだん筋肉が緊張し、

 

硬くなってしまい顎の動きが悪くなり顎関節症が発症します。

 

 

 

もし、

 

デスクワークで疲れたときは

 

伸びをしたりして頬づえをつかないようにしてください。

 

 

 

癖でしてしまうことが多いので、

 

意識してしないように心がけましょう

 

 

 

4、自宅での注意点

 

まずご自宅でマッサージ、

 

体操を行うときは、無理はしないようにしてください。

 

 

 

悪化したと思ったらマッサージ、体操するのをやめてください。

 

毎日の積み重ねになります。

 

 

 

一度にたくさん行うから良くなるものではありませんので

 

注意してください。

 

力の入れ過ぎにも注意が必要です。