「顎関節症でマウスピースしても治る人治らない人の違い」

顎が痛くて喋るのも、食事するのも辛い、、、

 

病院で診てもらった結果、顎関節症ですね、、、

 

 

 

「マウスピースを作成しましょう、経過をみてください。」

 

 

 

 

 

毎晩寝る時につけて、、、

 

 

 

「あ~気持ち悪くて眠れない、、、」

 

 

 

「口が臭く感じる」

 

 

 

「よくなっている感覚がない」

 

 

 

「いつまですればいいの?」

 

といろいろ思われることが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

もちろん

 

「よくなった~」

 

と喜ばれる方も方もいれば、、、

 

「いついなったらよくなるの?」

 

マウスピースでは結果が出ない人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はマウスピースで効果が出る人は1~2割ぐらいの人なのです。

 

1~2割の方でマウスピースでよくなった方はラッキーですよね。

 

1~2割はほとんどの方が残りの8〜9割りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

今までは、

 

マススピースが主流になっていましたが、

 

マウスピースだけではよくならない人が多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、顎関節症とは

顎関節症とは

 

顎関節周辺に異常があることを言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状は大きく分けて3つになります。

 

「痛み」「音」「顎が開けにくい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「痛み」

 

 

顎関節部分に痛みが出る。

 

顎を動かす時に痛みがあり、

 

ひどいと、腫れが出てくるときもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「音」

 

 

顎の開閉時に「カクッン、シャリ、、、など」雑音がなります

 

人によって音の大きさは変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「顎が開けにくい」

 

 

開口障害といって顎を開けたくても開かない状態になります。

 

朝起きた時だけの人もいれば、ずっと続く人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2マウスピース治療

顎の位置と、噛み合わせを整える治療になります。

 

歯並びに合わしたプラスチック状の板を歯にはめ込んで、

 

理想的な噛み合わせにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マウスピースをすることで、

 

筋肉、関節の負担を軽減させる治療法になります。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

マウスピースでよくなる人は、

 

基本軽度の人になり、顎関節症の1割~2割の人になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3マウスピースでよくならない人

顎以外に原因がある人がマウスピースでよくならない人です。

 

 

 

なので、

 

8割ぐらいの人が顎以外が

 

原因になっていてマウスピースでよくならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顎の負担を減らせても根本原因がよくなっていいないので

 

マウスピースでの改善がないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根本原因を見つけ

 

改善していかないとよくなるものもよくならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4まとめ

マウスピースについてお話ししてきましたが、

 

マウスピースは一般的に夜寝る時に装着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

マウスピースを装着して寝ると、

 

無意識にマウスピースを噛んでしまい

 

食いしばってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらマウスピースで

 

負担をなくすいっても逆に食いしばって、

 

負担をかけていたら意味がないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで体験していただきたいことがあります。

 

上下の歯を軽く合わせて止まっててください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、、、、

 

歯がカタカタと当たってしまいますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっぺのところの筋肉が、緊張してきますよね?

 

 

 

 

 

 

 

この状態がマウスピースしている時の状態になります。

 

カタカタなるから噛んでしまいますよね?

 

これが寝ている間続いてると思うとゾッとしますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくなっていると実感されている方は

 

いいのですが、

 

全然よくならないなと思われている方は

 

早めに別の方法を考えられ方がいいかと思います。