「顎関節症マウスピースより、割り箸の方がいい?」

顎関節症の治し方として割り箸が挙げられています。

 

その名も「割り箸療法」と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

割り箸を噛んでいればいいものではありません。

 

正しいやり方があるので、

 

確認してから行ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、割り箸を使う前に今の状態を確認してみよう

まず、

 

ゆっくり口を開けて、

 

ゆっくり口を閉じます。

 

 

 

 

 

その時に一番最初に触れる部分は?

 

①前歯左

 

②前歯右

 

③奥歯左

 

④奥歯右

 

どこが最初に当たっていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①、②、③、④?

 

 

 

 

①、②の方は(前歯左右)

 

首の骨が前に倒れているようにズレている状態になります。

 

首をそのままにしておくと、口が開けにくくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③、④の方は(奥歯左右)

 

①、②と逆で、首の骨が後ろに倒れている状態になります。

 

そのままにしておくと、首が緊張してしまい、

 

悪化すると、めまいや耳鳴りにつながってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②、③の方は(前歯右、奥歯左)

 

首の骨が左に旋回している状態です。

 

このままにしておくと、顎の歪みに変わります。

 

ひどいと顔の形も変わってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①、④の人は(前歯左、奥歯右)

 

首の骨が右に旋回している状態です。

 

このままにしておくと、顎の歪みに変わります。

 

ひどいと顔の形も変わってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひどいと顔の形も変わってしまう

 

と書かせていただきましたが、このまま放置しておくとです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の現状が確認できたので、

 

今から良くしてくために取り組んでいきましょう。

 

今度は割り箸療法について行なっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、割り箸療法

気をつけていただきたいこと、痛みがある時はしない。

 

無理をしない。

 

一気にやらない、休憩しながら行いましょう。

 

 

 

 

 

 


できるのであれは1日3回行ってください。

 

その日だけやったから良くなるものではありません。

 

急にやらないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①、②番の方(前歯左右)

 

割り箸を左右の奥歯で噛みます。

 

力加減は

 

50%ぐらいで、30回噛みます。

 

可能であれば、噛んだまま首を右、

 

左と3回ぐらいねじる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③、④番の方(奥歯左右)

 

割り箸を左右の前歯で噛みます。

 

力加減は

 

50%ぐらいで30回噛みます。

 

 

可能であれば、噛んだまま、

 

首を前後にゆっくり動かす。

 

 

5回めやすにしてください。

 

 

できる人はプラス

 

首を右、左に3回ねじりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②、④番の方(右前後)

 

割り箸を左の歯で全体で噛みます。

 

力加減は

 

50%ぐらいで30回噛みます。

 

 

 

 

 

 

可能であれば、

 

③、④番の方と同じように

 

首を前後にゆっくり動かす。

 

5回めやすにしてください。

 

できる人はプラスで、

 

首を左右に3回ねじりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①、③番の方(左前後)

 

割り箸を右の歯で全体で噛みます。

 

力加減は

 

50%ぐらいで30回噛みます。

 

 

 

 

 

 

 

可能であれば、

 

③、④番の方と同じように

 

首を前後にゆっくり動かす。

 

 

5回めやすにしてください。

 

できる人はプラスで、

 

首を左右に3回ねじりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②、③番のどちらかの方

 

右前歯または奥歯左)

 

割り箸を左前歯、

 

右奥歯の斜めに入れて、

 

力加減は50%ぐらいで30回噛みます。

 

 

 

 

首を左右に交互に倒します。5回

 

首を右左に5回

 

噛んだまま首を左右に3週ずつ回す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①、④番のどちらかの方

 

(左前歯または奥歯右)

 

割り箸を右前歯、

 

左奥歯の斜めに入れて、

 

力加減は50%ぐらいで30回噛みます。

 

 

 

 

首を左右に交互に倒します。5回

 

首を右左に5回

 

噛んだまま首を左右に3週ずつ回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3まとめ

顎関節症で今日は割り箸療法のお話をさせていただきました。

 

割り箸療法では顎以外の原因についても対策が行えるので、

 

割り箸を噛みながら、首も動かして行うので、

 

首のはり、こりも改善されてきます。

 

首が改善してこれば、顎の動きも改善してくので、ぜひお試しください。