食べ物が噛みにくい・・・もしかしたら顎関節症かも?

顎関節症は、顎の関節や筋肉が何らかの原因で動きにくくなることで発症します。原因や顎関節症の症状は個人差があり、物が噛みにくかったり大きな口が開けにくい人は、軽い顎関節症かもしれません。症状が悪化しないうちに、一度専門家に見てもらうことがお勧めです。頭蓋骨矯正をするだけで、症状が大幅に改善されることもあります。

 

 

<顎が痛いだけじゃない、顎関節症の症状>

 

顎関節症の症状と聞くとどんなことが思い浮かぶでしょうか。一般的なイメージは、顎が痛い、口が開かないという症状だと思います。顎関節症が深刻になってくるとそのような症状が現れますが、軽い場合はなかなか顎関節症と気が付きにくいこともあります。物を噛んでいると顎がだるくなってきたり、固いものを食べたり噛みしめたときに関節に違和感や痛みを感じる方は、初期の顎関節症かもしれません。

 

また、虫歯ではないのに歯が痛い、鼻がつまる、という症状が現れたり、肩こり、偏頭痛の原因になったりもします。顎関節症の対策は、噛み合わせを治すことです。頭蓋骨矯正で顎の関節を正しい位置に戻すだけで、症状が軽くなったり改善されることがあります。

<まとめ>

 

顎関節症の原因はストレスの場合も考えられます。症状が長引けば、原因であるストレスを増長させ症状が悪化する、という悪循環に陥る可能性もあります。ゆらり整体院は頭蓋骨矯正だけでなく、個人が抱えている顎関節症の症状を見ながら、その原因を取り除くよう施術しています。自分では気が付かない顎関節症の原因が分かるかもしれません。