顎関節症が疑われる症状とは

顎関節症とは何らかの原因によって顎の周辺が痛んだり口が開かなくなるなどの症状がでる病気です。また、顎関節症の症状が悪化してしまうと日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。顎関節症は頭蓋骨矯正によって改善されるケースが多いですが、具体的に顎関節症が疑われる症状とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

<顎周り以外にも症状が出る>

 

顎関節症の症状ですが、顎に出る症状とその他全身に出る症状と分けることが出来ます。顎に出る症状として挙げられるのが、普段は何ともないのに口を開けたり閉じたりする時に痛みが出るというものです。これは筋肉による痛みで、咀嚼筋の中に痛みを感じる神経が多くあるためと考えられています。

 

 

 

他にも、顎が外れやすかったり、口を開閉する時に音がするなども顎関節症の症状です。一方、顎周り以外に出る症状としては、肩こりや首のこりが代表的な症状です。これらは単独で生じることもあるので、顎関節症が原因だと気づかないケースも多いです。他にも頭痛やめまいなどを併発することがあります。頭蓋骨矯正をして根本的に解決することがこれらの症状の改善には必要です。

 

<まとめ>

 

顎関節症の症状は人によって程度の差も大きいですし、生じる場所も顎周り以外にもあるので顎関節症が原因でなっているとは気付きにくいことが少なくありません。
ゆらり整体院では、関節のズレや咀嚼筋の調整など頭蓋骨矯正によって顎関節症の改善をサポートしています。顎関節症にお悩みの方は是非ゆらり整体院までお問い合わせください。