口を開けると痛い顎関節症

顎関節症とは顎や顎周辺で何らかの原因で痛みが起こったり口が開けにくい、顎がうまく動かせないなどの機能面での障害が起こるものです。

 

 

 

顎関節症はものを食べたりしゃべったりするときに支障が出るだけではなく、肩こりや頭痛など身体の他の部分にも影響が出ることがあります。
顎関節症の症状は頭蓋骨矯正で良くなることがあります。

 

 

 

<顎の構造は複雑>

 

顎関節症とは顎や周辺の骨や筋肉の異常が関連しています。顎の骨は微妙に入り組んだ形をしており、筋肉や関節、神経などが集中し、下顎を支える構造になっています。ここが歪んだりしてしてうまく動かなくなると、連動して色々な部分に痛みが出たり、動きに支障が出たりするのです。

 

 

口がうまく開けられないとものを食べたり、しゃべったりするのにも支障が出ますが、顎関節症は適切な処置をすることで日常生活に支障がないレベルにまで回復することができます。

 

 

顎関節症の症状は頭蓋骨矯正で緩和することができます。頭蓋骨の微妙な歪みやずれを矯正し、ストレスや緊張を解きほぐすことで顎関節症につながる緊張や歯のくいしばりなどを防ぐことにもなるのです。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症とは顎や周辺の骨や筋肉がうまく動かせなくなる症状です。悪化する前に早めに対処することが大切です。顎関節症の場合、頭蓋骨矯正を受けることで症状緩和につながることがあります。

 

 

 

緊張やストレスを取り除き、頭蓋骨や顎の歪み、体の歪みを取っていくことが顎関節症の症状緩和につながっていきます。顎関節症でお悩みの方はゆらり整体院でお気軽にご相談ください。