顎関節症(がくかんせつしょう)ってどんなもの?対策の仕方は?

顎関節症とは、あごの関節の病気で最も多い病気です。主な症状としては、あごの痛み、口が開かない、あごを動かすと音がする、といったものがあげられます。顎関節症になってしまった時にはどうやって対策すれば、症状が改善するのでしょうか。

 

 

今回は、「頭蓋骨矯正」を行い、顎関節症を改善させる方法についてご紹介します。

 

 

<頭蓋骨矯正で顎関節症ともおさらばしよう!>

 

顎関節症とは、食事をすることにさえ痛みを伴うような辛い症状がおこります。この顎関節症は、頭蓋骨が歪むことであごにも影響が起こることで発生する病気なのです。顎関節症が発生した後にそのままにしておくとあごの筋肉の緊張が首や肩に広がり、耳鳴り、めまい、頭痛、といった症状も引き起こすことがあります。

 

 

 

現在では、顎関節症の原因は複雑に色々な要素が組み合わさることで発生すると考えられており、ストレス、歯ぎしり、睡眠不足、かみ合わせ、頬杖をつく、といった要因が考えられます。

 

 

 

これらを総合的に勘案した対策を行うことが望ましくなります。しかし、薬に頼りすぎるのが心配というかたもいるのではないでしょうか。
そこで、顎関節症でお悩みの方には、「頭蓋骨矯正」をすることがおすすめです。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症とは頭蓋骨の歪みが原因であることも多々あります。頭蓋骨矯正を行うことで、薬を使わずとも顎関節症の改善を期待できます。
ゆらり整体院では、頭蓋骨矯正により顎関節症の症状が改善できた事例も多数あります。一人一人のに合わせた施術を行いますので、安心して「ゆらり整体院」までご相談ください。