顎関節症ってどんな病気?

顎関節症とは、口を開け閉めする際にガクンガクンと鳴る違和感や、あごの痛みなどの症状が出る顎関節の病気です。開けると痛いため、口があまり開けられないという方もいます。

 

 

 

口があまり開かないため食事がし辛くなるような症状も出る顎関節症ですが、あごの歪みをもたらす頭蓋骨の歪みも一因だと言えます。頭蓋骨の歪みは、頭蓋骨矯正で改善しましょう。

 

 

 

<口の開け辛さや痛み、顎関節症のメカニズムとは?>

 

 

顎関節症とは、頭蓋骨の歪みに伴ってあごまで歪んでしまい、口の開閉であごがガクンガクンと鳴ったり、あごの傷みを引き起こす病気です。
顎関節症が進行すると、口の開閉が苦痛になり、あまり口を大きく開けられなくなるという症状も知られています。

 

 

 

口の開閉が難しいと、食事もし辛くなり、話し辛くなるのもネックです。どうして顎関節症が口の開閉の困難さに関わっているのかというと、頭蓋骨の歪みがこめかみ部分にも影響してくるためです。歪んだ状態で、口の開閉時に骨どうしがぶつかることで、痛みを発生させるわけです。

 

 

 

痛むのをカバーするため、口を僅かにしか開かないようにしてしまうという状態です。
このような顎関節症の悩みを引き起こす、顔の歪みに対するケアとして、当院では頭蓋骨矯正の持つ効果に注目しています。

 

 

<まとめ>

 

 

顎関節症とは、あごの歪みが引き起こす痛みなどの症状のことを指します。口の開閉がし辛いと、食事も大変になりますよね。ゆらり整体院では、あごの歪みを改善するための頭蓋骨矯正も行っています。

 

 

 

口の開閉で痛いことにお悩みの方や、口が開きにくくなってきてお困りの方、お気軽に、ぜひ一度ご相談ください。