顎関節症は食事に影響が出ることも!症状を改善する方法は?

20代女性のBさんは、数年前から顎関節症の悩みを抱えていました。症状がひどい時には、食べたいものが食べられないということもあったそうです。自律神経整体を試してみたいということで、ゆらり整体院に来院された次第です。

 

 

 

Bさんの体験談について取り上げながら、自律神経整体や頭蓋骨矯正のアプローチについて説明していきますね。

 

 

 

<体験談紹介>

 

顎関節症と診断されたころの私は、仕事が忙しく休みもなかなか取れない状態でした。何となく顎が痛いと感じるようになって、その後は徐々に症状が悪化してきました。

 

 

ひどい時には食べたいものが食べられないという状況もあり、何とか症状を和らげる方法はないかと思案していたわけです。と言っても手術は避けたかったので、うわさに聞いていた自律神経整体をゆらり整体院で試してみることにました。こちらの整体院では、頭蓋骨矯正なども行っています。

 

 

 

施術を受けるようになって最初に感じたのが、首の凝りが楽になってきたということです。それまでは顎の筋肉なども緊張しがちでしたが、自律神経整体や頭蓋骨矯正を受け始めてからは筋肉の動きが良くなったような気がしています。

 

<まとめ>

 

自律神経のバランスが崩れていると、今回ご紹介したBさんのように首の凝りや顎関節症の症状に悩まされることがあります。交感神経と副交感神経のバランスを整えて、筋肉の凝りや骨の歪みなどを改善していくのが、当院が行っている自律神経整体や頭蓋骨矯正です。

 

 

 

食べたいものが食べられないという状態は非常にストレスが溜まりますので、症状を悪化させないためにも、無理をせずにお早めにゆらり整体院までご相談くださいね。