顎関節症で食べたいものが食べられなかった方の事例紹介

顎関節症は軽度であればあまり気にしない人も多いのですが、症状が進行してくると口や顎を動かすだけで痛みが出てしまう場合があります。その結果、食べたいものが食べられないという悩みを抱えている人も少なくありません。

 

 

今回はそんな悩みを抱えていた30代男性のCさんの事例をもとに、頭蓋骨矯正について紹介していきます。

 

 

 

<体験談紹介>

 

私は20代後半のころから顎関節症と診断されていたのですが、その当時は違和感があるだけで痛みは特に感じませんでした。そのため対策をせずに放置していたのですが、30代になってからものを食べたり喋るだけで強い違和感や痛みを感じるようになりました。

 

 

 

特に固いものを噛むのが苦痛になってしまい、食べたいものが食べられない状態に悩んでいたんです。
もう一度顎関節症と診断してくれた病院を訪ねたところ、紹介してもらったのがゆらり整体院です。

 

 

 

ゆらり整体院ではいくつかの改善方法があったのですが、私の場合は頭蓋骨矯正で骨から顎関節症を施術してもらいました。最初はなかなか痛みが改善されなかったのですが、施術を続けていくうちに食べても喋ってもそこまで痛みを感じなくなっていったんです。おかげで今では好物の煎餅も痛みなく食べられるようになり、食べる喜びをかみしめています。

 

<まとめ>

顎関節症は顎の動きに伴って痛みを起こしやすく、痛みの程度によっては固いものだけではなく食べたいものが食べられない状態になってしまいがちです。

 

 

ゆらり整体院では今回の事例で行った頭蓋骨矯正はもちろん、自律神経整体など整体の技術を用いて顎関節症を根本から改善しています。このため顎関節症に悩んでいる方は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。