顎関節症の対策について

顎関節症は口を開こうとした時に痛みを感じる、口が開かないなどの症状が発生する病気です。日本人の約5割が顎関節症の経験をしているとも言われています。そんな顎関節症で悩む方の中には、頭蓋骨矯正などの顎関節症対策を受けている人もいますよね。
今回は様々な顎関節症の対策の中から、3つの主な対策についてご紹介します。

 

 

<3つの主な顎関節症対策>

 

顎関節症の対策として代表的なものが、顎周辺の体操・マッサージですね。顎関節症の原因の1つとして顎周辺の筋肉の緊張が挙げられます。そのため体操・マッサージで筋肉の緊張をほぐせば、顎関節症の症状が緩和する可能性がある訳です。

 

 

マウスピースも代表的な顎関節症の対策の1つです。顎関節症の原因として噛み合わせの悪さ、歯ぎしりや食いしばりによる顎への負担などがあります。マウスピースには顎を安定させ、歯ぎしりなどによる顎への負担を軽減する効果が期待できるので顎関節症対策として用いられています。

 

 

最後に頭蓋骨矯正などの整体です。噛み合わせの悪さの原因が、頭蓋骨や背骨の歪みなど体の歪みに起因している場合もあります。そのため整体で歪みを矯正することで、症状が改善する可能性があるんですよ。

<まとめ>

 

顎関節症の対策には体操・マッサージ、マウスピースなど様々な方法があります。ただし体操・マッサージも、マウスピースも対症療法の側面が強いので、顎関節症を根本から改善するタイプの対策ではないんですよね。
顎関節症を根本から改善したいなら、頭蓋骨矯正などの整体がオススメです。ゆらり整体院ではお客様一人ひとりに合った顎関節症対策を提案しています。整体が初めての方でも気軽にお越しください。