顎関節症にはどんな対策方法があるのか

頭蓋骨矯正って知っていますか?顎関節症の対策の一つなのですが、もしかすると手術したりすることなく楽に顎関節症を改善することができるかもしれません。というのも、頭蓋骨の構造からくる歪みが顎関節症を引き起こしている可能性があり、頭蓋骨矯正を行えば歪みを正しい位置に戻すことで大きく口を開けるようになったり、口を開け閉めしたときの音を消すことができたりするかもしれないのです。

 

 

<なぜ頭蓋骨矯正で顎関節症は良くなるの?>

 

まず、頭蓋骨はまんまるな骨でできているのではなく幾つかの骨が組み合わさってできていることは知っていますか?産まれてくる時はつなぎ目が広く、成長と共につなぎ目が埋まって球に近い形となるのです。そして顔の部分の骨も顎以外に目の奥や鼻などの幾つかの骨が組み合わさっています。

 

 

 

この骨と骨のつなぎ目にちょっとした歪みが生じて顎関節症になってしまうことがあります。一箇所に歪みが生じるとバランスをとるために他の場所に歪みが生じて、その歪みのバランスをとるためにまた別の場所に歪みが生じて…と歪みの連鎖が起こった可能性があるからです。頭蓋骨矯正はこの骨と骨のつなぎ目に生じた歪みを整体の技で矯正して改善する顎関節症の対策方法です。

 

<まとめ>

 

頭蓋骨矯正は、顎関節症の対策としてセルフマッサージしてみたけれど効かなかった…でも手術はちょっと…という方にオススメしたい改善方法です。ただ、顎関節症になってしまった原因が頭蓋骨の歪みなのかはお話してみるまではわかりません。もし頭蓋骨の歪みに心当たりがあるのでしたら、ぜひゆらり整体院までご相談ください。