顎関節症になった時の対策とは

顎関節症は、顎の病気の中でも発症率が高く、成人の約半数は顎関節症の症状を経験していると言われています。発症すると痛みや口が開かない等の症状により日常に支障をきたすため、早く何とかしたいという気持ちになりますよね。顎関節症の対策には、頭蓋骨矯正等の専門的な施術があります。今回は顎関節症の対策についてお話したいと思います。

 

 

<女性に多い顎関節症とは>

 

顎関節症とは、主に20~30代の女性に発症することが多い病気です。主な症状としては、「顎が痛い」、「顎が鳴る」、「口を開けづらい」等があげられます。時には食事ができないほどの痛みがあったり、口を開けていなくても痛みが出ることもあります。顎関節症をそのままにしておくと、体の他の場所にも歪みが出ることもあります。

 

 

上記のような症状がある場合は、顎関節症の対策が必要な可能性があります。その対策の一つに頭蓋骨矯正があります。頭蓋骨は23個の骨からできており、普段の生活の中で歪みが生じると顎関節症や顔の歪み等につながってしまいます。頭蓋骨矯正は、その頭蓋骨にアプローチし顎関節の歪みを治すことにより顎関節症の症状改善を図ります。

 

<まとめ>

 

顎関節症は、珍しい病気ではありませんが、ほっておくと中には症状がひどくなってしまうことがあります。一人ではどのような顎関節症の対策を行えば良いのか分からない方もたくさんいらっしゃると思います。頭蓋骨矯正等の専門的施術について、一人で悩まず、是非一度お気軽にゆらり整体院にご相談くださいね。