顎関節症の原因と対策

顎関節症の原因は歯の噛み合わせが悪く、顎関節にひずみが蓄積されて発症します。ストレスなどで歯を食いしばったり、歯並びの悪さも噛み合わせを悪化させる要因となります。

 

 

 

原因特定には専門医の診断を受けることが先決ですが、解消手法の一つが頭蓋骨矯正です。施術を数回受けて改善することもありますが、顎関節症とどのように付き合っていけば見ていきましょう。

 

 

 

<食事がつらい?それって顎関節症かも>

 

ある日突然、顎を開くときに痛みが走る・うまく噛み合わせが合わない、なんて経験をされた方がいらっしゃることでしょう。それは顎関節症の可能性が高いです。

 

 

 

その発症者は年々増加傾向で特に20~30代の女性に多く見られます。顔が小さく骨格や筋肉が弱いため、食事の際に大きく口を開けると顎関節に負荷がかかり易いく、結果ひずみが蓄積されて発症するケースが目立ちます。また片方の歯で物を砕く癖があり、片側の顎に負荷がかかり発症してしまうケースもあります。

 

 

 

他にもストレスによって歯を食いしばり顎に負担を与えるなど、顎関節症の原因は多岐に渡ります。悪化した場合、稀に手術が必要なケースもあります。自然に治る場合もありますが、歪みが顔全体に及ぶため当院では頭蓋骨矯正などの施術で改善します。

 

<まとめ>

 

近年、顎関節症の方の増加によりセルフマッサージや頭蓋骨矯正の方法がインターネット上で簡単に見つけられるようになっています。ですが、どんな施術をしても自己責任であることを忘れてはなりません。

 

 

 

顎関節症の原因を特定するには専門医への相談が不可欠です。悩みを解消できる味方となるでしょう。