顎関節症ってどんな病気?

口を開くとき、顎の関節から音がしたり開きにくいなど、そんな症状はありませんか?それはもしかすると、顎関節症かもしれません。
顎関節症とは、顎の関節やその周辺が何らかの原因により痛みを感じたり、動きに支障が出たりする病気です。

 

 

 

近年、顎関節症で頭蓋骨矯正の施術を受ける方も増えていますが、顎関節症の原因とは何でしょうか?

 

 

 

<顎関節症の原因とは?>

 

顎関節症の原因は実はひとつには絞れません。口の関節やその周辺に負担がかかるさまざまな要因がいくつも重なることにより、顎関節症を発症すると考えられています。

 

 

 

その代表的なものには噛み合わせの異常や、ストレスなどによる筋肉の緊張、食べ物を噛むときに左右どちらかに偏るなどがあります。また、歯列接触癖も大きな原因のひとつとされています。通常では口が閉じているときは上下の歯は開いているものですが、これを無意識のうちに噛んでしまっている状態のことです。

 

 

 

長時間に渡って歯を噛み合わせていると、顎の関節に負担がかかって顎関節症になりやすくなります。このようにさまざまな原因により発症する顎関節症ですが、これも頭蓋骨の歪みといえます。ですから、頭蓋骨矯正で改善が期待できるのです。

 

 

<まとめ>

 

いかがでしたか?顎関節症の原因はひとつではなく、さまざまな要因がいくつも重なることにより顎関節症を発症しやすくなることがお分かりいただけたかと思います。

 

 

ゆらり整体院では、頭蓋骨矯正を行っております。顎関節症でお困りの方はお気軽に、ゆらり整体院までご相談ください。お待ちしております。