顎関節症となる原因とは

顎関節症というものは、年齢や性別を問わずになる可能性があり、一見軽い症状のように見えて症状が進むと、日常生活にも支障をきたすような深刻な病気です。

 

 

 

顎関節症の原因は、様々ありますが、日常生活で行っている何気ないしぐさでなってしまっている可能性もあります。もし、顎関節症になったならば、重症化する前に頭蓋骨矯正を行う必要があります。

 

 

<日常に潜む顎関節症の原因>

 

顎関節症の症状は、顎の関節が鳴る、口をあける際に違和感があるなどといった軽い症状から、肩こりや腰痛、耐えられない頭痛といった重症化するものまで様々です。顎関節症の原因には、もちろん生まれつきなりやすい骨の形といったものや、外傷などが原因となっている場合も少なくありません。一方で日常生活の何気ない行動が積み重なって起きる可能性も考えられます。

 

 

 

まず、歩き方で片側に体重をかけていたり、猫背や横座り、足を組んで座るなどの姿勢の悪さを長年続けていると顎関節症になることもあります。また、歯の噛み合わせの悪さで顎関節症になることもあり、片側で噛む癖によりなる確率が高いです。これらの日常行動によって、頭蓋骨が歪むことで顎関節症となることもあるので、骨の位置を正す頭蓋骨矯正を受けることが勧められます。

 

<まとめ>

 

顎関節症の原因とは、特別な外傷がなくともなることがあり、姿勢の悪さや身体のバランスを崩す習慣というものが原因という可能性も非常に高いです。

 

 

 

ゆらり整体院では、顎関節症を改善させるために、歪んだ骨の位置を治す頭蓋骨矯正を行うほかに、これらの原因となる日常行動の改善のためのアドバイスも行っています。顎関節症でお悩みの際は、ぜひ当院へご相談ください。