顎関節症と原因と改善

顎関節症とは、口が開きにくくなっていたり、口を開くたびに音が鳴るなどといった症状を引き起こすものです。軽い症状で大した問題の無いように思われますが、放置して重症化すると日常生活に大きな影響をもたらすこともあります。

 

 

 

顎関節症の改善に有効な施術として、頭蓋骨矯正をおすすめしていますが、まず顎関節症になぜなるのか、そしてなぜ頭蓋骨矯正が有効なのかを紹介します。

 

 

 

<顎関節症とは>

 

顎関節症とは、軽度であれば口が開きにくい、音が鳴るといった症状があらわれ、重度になれば口が開かないばかりか噛むと顎に痛みやしびれが生じるといった日常生活に支障をきたすこともある口周辺の機能障害です。

 

 

 

これらの症状をさらに放置し続ければ、頭痛や肩こりすらも引き起こす可能性があります。顎関節症の原因は、様々なものがあります。もちろん外傷や遺伝的な要因もありますが、日常の生活習慣の割合も高いです。片側で噛む癖や足を組む癖があったり、姿勢が悪いと、身体の骨や頭蓋骨が歪んでしまい、顎関節症へとなります。

 

 

 

そのため、改善には骨の歪みを正す頭蓋骨矯正が効果的です。日々の習慣によって歪んでしまった頭蓋骨の歪みを正すことで、顎関節症やその派生症状の改善を目指すこともできます。

 

 

 

<まとめ>

 

顎関節症とは、重症化すれば口が開かなくなり、肩こりや頭痛なども引き起こす可能性の高い症状です。この顎関節症の原因としては、骨の歪みが関係しているので、改善のためには頭蓋骨矯正が効果を表します。

 

 

 

ゆらり整体院では、この頭蓋骨矯正をはじめとして、原因となった日常生活の癖の改善のアドバイスも行っているので、ぜひご利用ください。