顎関節症ってどうやって治すの?

悪化すると口を開けることすらできなくなる顎関節症は日常生活にも大きな影響を与えかねないものです。顎関節症に悩んでいる人の中には顎関節症の対策が気になるという方もいるでしょう。顎関節症には頭蓋骨矯正や保存療法、顎以外の部分の改善など多数の施術方法があります。どのようなケースでそれらが行われるのでしょうか。

 

 

 

<自分で出来ることから頭蓋骨矯正まで>

 

顎関節症の対策は顎関節症の原因によっても異なります。軽度なものであれば腰痛などをストレッチで改善させるのと同様に、顎関節の体操を行うことで改善されることもあります。しかし、痛みが強かったりする場合には専門家の力が必要になるでしょう。歯が原因になっているケースでは、虫歯であれば虫歯の施術が必要不可欠です。噛み合わせというのは顎関節症と密接な関係があります。

 

 

 

また、頭蓋骨の歪みなどが原因となっている場合には頭蓋骨矯正によって改善を目指す方法になります。顎の骨も頭蓋骨の一部になりますので、片方ばかりで噛んでいたりする事によってそこがズレてしまっている場合は、頭蓋骨矯正によって正しい位置にしてがえることで顎関節症の症状も改善する可能性が高いのです。

<まとめ>

 

顎関節症の対策は顎関節症の原因や症状などによってベストなものが変わってきます。ゆらり整体院では、一人一人の状況に合わせて頭蓋骨矯正を行い顎関節症の改善をサポートしています。なかなか良くならない顎関節症にお悩みの方、口を大きく開けてみたいという方は是非一度ゆらり整体院までご相談ください。