顎関節症は頭蓋骨矯正で改善しよう

顎関節症とは、顎の関節あたりに痛みや不快感が伴う症状を指します。日常会話や食事で症状が出た場合は要注意ですが、頭蓋骨の歪みに関係する場合があるため適切な施術が必要です。頭蓋骨と顎関節症にはどんな関係があるのか、頭蓋骨矯正とはどのような施術方法なのか、頭蓋骨矯正によってどのような効果が期待できるのか、詳しく説明していきます。

 

 

 

<頭蓋骨矯正とはどんな技法?>

 

頭蓋骨とは、頭蓋を構成する骨の総称のことで、人間の場合、脳と顔面合わせて15種類23個の骨で構成されています。頭蓋骨は、意識とは関係なく一定のリズムで骨の開閉を繰り返しており、頭を触ると微かに動いていることが分かります。頭蓋骨の一部に特定の負荷がかかると、顔や頭全体に歪みを引き起こすリスクがあります。

 

 

 

頭蓋骨矯正とは骨の開閉リズムに合わせて辛い症状が起きている部位を特定し、患部の緊張をほぐしてを行う矯正方法で、副交感神経を優位な状態に誘導することが可能です。頭蓋仙骨療法や仙骨後頭骨療法に基づく確立された技法ですが、頭蓋骨には上顎骨が含まれているため、顎関節症で辛い痛みが出た場合、頭蓋骨矯正で痛みの改善効果が期待できます。

 

 

<まとめ>

 

頭蓋骨矯正とは、顔や頭の歪みを改善する技法です。頭蓋骨が歪んでしまうと、顎にも影響を及ぼし顎関節症を発症しやすくなることが分かっています。顎関節症でお悩みの方は、ゆらり整体院で丁寧なカウンセリングによる頭蓋骨矯正で、一人一人の症状に合わせて改善していきますので気軽に相談してください。