顎関節症と頭蓋骨矯正の関係を知ろう

顎関節症は、あごにずれが生じることでかみ合わせが悪くなり、痛みが伴う症状をいいます。原因は様々ですが、いずれの場合もあごの骨のずれが痛みを伴う直接的な原因になっています。これを治すためには、いくつかの方法がありますが、その一つが頭蓋骨矯正です。頭蓋骨矯正とは、頭蓋骨の骨のずれを治すことを意味します。

 

 

 

<頭がい骨の仕組みを正しく理解する>

 

顎関節症になっても、頭蓋骨矯正をすることで辛さから解放される可能性があります。ここでいう頭蓋骨矯正とは、頭の中に23個ある骨のずれを正していくことです。頭の骨は動かすことができないとされていますが、年齢とともに少しずつ変形していきます。

 

 

 

例えば、右の歯ばかりで食べ物を噛んでいると少しずつ関節がずれていき、頭の形が変わるとともに、それがあごの動きにも影響を与え顎関節症になる可能性があるわけです。

 

 

頭蓋骨矯正とは、正確に言えば骨のずれを治すというよりも、骨と骨の間にある関節のずれを治すことを意味します。仕組みはそれほど難しくありませんが、実際に行うときは頭のリズムに合わせていかないと逆に痛めてしまうことになるでしょう。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症の原因はいくつかありますが、頭がい骨のずれもその一つです。頭蓋骨矯正を行うことで治すことができる可能性があります。頭蓋骨矯正とは、頭の中にある23個の骨をバランスよく整えることです。これは、素人が行うのは難しく、骨の動きのリズムを知っている人でなければずれを治すことはできません。頭蓋骨矯正をする場合には、ゆらり整体院にご相談ください。