頭蓋骨矯正と顎関節症との密接な関連性とは?

顎関節症とは、頭蓋骨と関節をなしている顎関節が歪んでしまう症状を指しています。頭蓋骨にこの顎関節のズレが伝わることで頭全体が歪んでしまうため、顎が痛くて口を開けられなるといった症状に悩まされるのです。こうした痛みに対して頭蓋骨矯正をすることで、歪みを改善していくことができます。
この記事では、頭蓋骨矯正とは何かについて説明しました。

 

 

 

<歯車を思わせる頭蓋骨の動き>

 

顎関節のうち下顎骨は、頭蓋骨にぶら下がるような作りとなっています。それによって複雑な動きが可能な反面、ズレを起しやすいとも言えるのです。また頭蓋骨は22個の様々な形をした骨が歯車のように組み合わさっているため、どうしても歪みが出やすく頭痛が起きやすい構造だとも言えます。頭蓋骨矯正とは、この歯車のように組み合わさっている頭蓋骨の歪みを矯正していくことで、頭蓋骨の動きを正常にしていくことなのです。

 

 

 

頭蓋骨が歪むとあごも歪みやすくなり、それが顎関節症を引き起こす原因となります。口を開けようとする際に顎の周辺が痛むといったトラブルによって頭痛が起きやすくなるのは、口を空ける度に頭蓋骨を構成している蝶形骨がこめかみの骨にあたることからきているのです。開口と同時にこめかみが動いて、頭痛を引き起こします。こういった頭蓋骨や顎関節の歪みが原因によるトラブルを解消するには、頭蓋骨矯正がお勧めと言えるでしょう。

<まとめ>

 

顎の骨の作りは構造上複雑な動きができるようになっていますが、その分ズレやすいのです。また頭蓋骨はいくつもの骨が組み合わさってできているのでどうしても歪みやすく、それが顎関節症の原因になってしまいます。頭蓋骨矯正とは立体的に組み合わさってできている頭蓋骨の働きを正しながら、頭蓋骨の歪みを改善していくことなのです。
「ゆらり整体院」で頭蓋骨矯正を受けて、快適な日常生活を手に入れませんか?