頭蓋骨矯正は顎関節症の改善に有効?

「口を開けるとアゴに痛みがでる」「噛む力が弱くなったり、左右で偏りがでたりするようになった」「口の中を噛んでしまうことが多い」ということはありませんか。これらの症状が見られる場合は顎関節症を患っている可能性があります。顎関節症を改善するには頭蓋骨矯正が有効なのですが、今回は頭蓋骨矯正とは何なのか、そしてなぜ頭蓋骨矯正が有効なのかについてお話したいと思います。

 

 

 

<顎関節症は頭全体の問題>

 

顎関節症は「アゴが痛む」「口が開かない」「アゴを動かすと音がする」のいずれか1つ以上が発生している状態のことであり、頭蓋骨矯正とは文字通り頭蓋骨のポジションを矯正することです。この2つは一見関係がないように思いますが、実は大いに関係があります。頭の骨というのは1つの大きな骨というイメージがありますが、それは誤りで実際はいくつもの骨が合わさり、アゴを動かすときなどはそれらの骨が連動して動いています。

 

 

 

ところが生活習慣などによって頭蓋骨の連動がうまくいかなくなると、アゴがうまく動かせなくなり、顎関節症などの症状が出るようになるのです。そうなった場合は生活習慣の改善と同時に頭蓋骨矯正によって頭部の筋肉をほぐし、頭の骨を正しい位置に戻すようにしなければいけません。

 

 

 

<まとめ>

 

顎関節症はアゴの問題だけでなく頭部の骨全体が歪んでいる可能性があるので、頭蓋骨矯正などの対策が必要となります。そのため、頭蓋骨矯正とはそうした顎関節症を治すための有効な方法ともいえるでしょう。もしもアゴを動かしたときに痛みや違和感がありましたら、ゆらり整体院に相談してみてください。