顎関節症の改善にはどのようなものがあるの?

顎関節症になると、口を開けにくくなったり、あごを動かすと音が鳴ったり、あごが痛むといった症状が起こります。場合によっては、あご周辺以外にも肩こりや頭痛など体全体に症状が出る病気です。噛み合わせの悪さが主な原因の一つとされ、頭蓋骨矯正が施術の例として挙げられますが、原因は多岐にわたり、顎関節症の施術も様々なものがあります。

 

 

 

<主な改善方法について紹介>

 

顎関節症の改善方法の一つにマウスピースの装着があります。あごの関節周辺を安定させる効果があり、歯ぎしりや食いしばりによるあごの負担も軽くさせることができます。マウスピースが合わなくても外してしまえば問題ないので、お客様への負担が少ないのが利点です。顎関節症は頭蓋骨矯正などの整体やマッサージによる施術もあります。

 

 

 

あごのずれの矯正や筋肉の調整を行う方法で、特にあごの関節は筋肉や靭帯によってぶら下がっている構造なので、骨を矯正するものではなく軟部組織の調整が中心となります。骨盤や背骨などの根本に歪みがある場合は、顎関節症を治しても再発してしまうことも多く、全身の歪みを整えることも重要です。また、あご周辺を温めて血行を促したり、体操やストレッチを行ったり、家庭でもできる対策を取り入れる場合もあります。

 

 

 

<まとめ>

 

マウスピースの装着や頭蓋骨矯正によってあごの関節周辺を整えていくのが主な顎関節症の対策です。矯正といえば骨をバキバキと鳴らすイメージがあるかもしれませんが、筋肉や靭帯を整えていくことが中心となります。顎関節症は改善しても再び顎関節症になってしまうことも多い症状です。もしあごの痛みに悩んでいるのであれば、ぜひゆらり整体院にいらしていください。