顎関節症の対策はどれがいい?

顎関節症の対策として、多くの歯科医院や病院などにおいてはマウスピースや手術などといった施術を勧められます。しかし、ゆらり整体院では、頭蓋骨矯正の施術を選ぶことをおすすめしています。マウスピースや手術、頭蓋骨矯正とさまざまある施術には、目的や効果もそれぞれ異なるので、参考にしてください。

 

 

 

<顎関節症の治すには>

 

顎関節症の改善には、良く知られているものでマウスピースや手術、そしてあまり知られてはいませんが、頭蓋骨矯正があげられます。マウスピースは、噛み合わせの悪さを補うことを目的としているもので、改善というよりも症状が今以上悪化しないようにすることが大きな目的です。また手術では、歯を削るほか顎の筋肉を切開するなどして、噛み合わせの悪さを正したり、顎の骨の形を整えます。

 

 

 

最後に頭蓋骨矯正とは、顎の骨と直接つながっている頭蓋骨の縫合を矯正することで顎の骨の位置も正すことを目的とした施術です。顎関節症にはこのように多くの改善方法がありますが、選ぶ基準としてはなるべく不可逆的でない施術は避ける方が良いとされています。そのため、根本的な改善を目指すためには手術ではなく、頭蓋骨矯正がおすすめです。

 

 

<まとめ>

 

マウスピースや手術など数ある顎関節症の対策の中で、ゆらり整体院の頭蓋骨矯正をぜひ受けてみてください。現状を維持するだけの対策ではなく、また一度施術してしまっては元に戻すことのできない施術でもありません。何度でも施術が可能で、身体に負担のかけることのない施術が頭蓋骨矯正です。頭蓋骨矯正では顎関節症だけではなく頭痛や腰痛、肩こりにも効果を期待できます。