顎関節症を解消するためおこなっている頭蓋骨矯正

顎を動かすと「シャリシャリ」と変な音がしたり、

 

何かを食べるたびに痛みを感じたりしませんか。

 

もしかしたらそれは「顎関節症」によるものかもしれません。

 

 

 

顎関節症は様々な対策がありますが、

 

顎関節症の症状は、一人一人違うので、

 

一人一人にあった施術を行う必要があります。

 

今回は私達がおこなっている施術について紹介します。

 

 

 

頭蓋骨を動かして顎の歪みを治します

 

顎関節症顎を発症してしまう主な原因は

 

「悪い癖が習慣化してしまう」です。

 

 

 

悪い癖としては

 

「食べ物を噛むとき左右どちらかでしか噛んでいない」

 

「寝るときいつも左向きあるいは右向きになっている」

 

「いつも頬杖をついている」などがあり、

 

これが習慣化すると顎自体に歪みが生じて顎関節症になってしまうのです。

 

 

 

顎関節症の対策としておこなう頭蓋骨矯正は

 

「頭蓋骨を動かして顎の歪みを矯正する」ようにします。

 

 

 

頭蓋骨は一つの大きい骨という印象がありますが、

 

実は23ものパーツで成り立っており、

 

ものを食べたりするときはそれぞれの骨が連動して動いています。

 

 

 

そのため頭蓋骨矯正を施す各パーツの緊張が緩まり

 

歪んでいたところが正常に戻ろうとする作用が働くようになり

 

顎関節症を改善することができます。

 

 

<まとめ>

 

顎はものを食べるだけでなく

 

言葉を発するにも使われるなど様々な役割を持っているところです。

 

 

 

そのため筋肉や神経が複雑に入り組んでおり、

 

顎関節症を発症すると対策が難しいという性質があります。

 

顎関節症を解消するために頭蓋骨矯正という施術をおこなっていますので、

 

顎の痛みに苦しんでいましたら、いつでもご相談してください。