顎関節症によって発生する可能性がある症状

顎関節症は、初期段階に症状を感じず、

 

対策の開始が遅れてしまうケースが少なくありません。

 

 

 

頭蓋骨矯正を受ける中で、

 

顎関節症が慢性的な神経痛の原因となっていたことが

 

判明したという方もいます。

 

 

 

そこで、顎関節症の発症を疑っている方に役立つ情報を厳選し、

 

顎関節とその周辺に起こりうる主症状について解説します。

<口を開閉する時に違和感がある方は要注意>

 

顎関節症を発症すると、

 

食事や会話によって口を動かした際

 

痛みを感じやすいです。

 

 

 

因みに、数多くの神経を支える筋肉に痛みが生じる可能性が高いです。

 

何もしていない時に痛みが起こることは殆どありません。

 

しかし、顎関節の軟骨や関節円板の異常などによって

 

顎関節炎を発症すると、常時痛みが発生します。

 

 

 

また、顎関節の軟骨がズレると、

 

顎を開こうとした時に「カクッ」「ミシッ」という異常な音が

 

起こるようになります。

 

 

 

顎の開閉が円滑に行われないものの

 

音が小さく痛みが少ないケースも多いので、

 

改善の重要性を理解していない方が少なくありません。

 

 

 

さらに、顎の歪みが進行し、

 

口角や目尻の高さが左右で異なる場合もあります。

 

気になる症状がある方は早期に対策されることをオススメします。

<まとめ>

 

顎関節症の症状に悩まされると、

 

生活の質が著しく低下する可能性があります。

 

一人で悩まず、まず専門医に相談することをオススメします。

 

一人一人にあった対策がありますので、

 

試したことがダメだからと言って諦めないでください。