継続的な施術で改善を目指す顎関節症の対策

顎が開かない、顎を動かすと音がする、

 

顎が外れそうになるといった様々な症状が生じるのが顎関節症ですが、

 

対策として一般的なのはマウスピースです。

 

 

 

しかし、必ずしも歯科にを行く必要はなく頭蓋骨矯正によって

 

着実に改善を目指していくこともできます。

 

整体院で行う頭蓋骨矯正による施術にはどのような特徴があるのでしょうか。

<頭蓋骨矯正はあるべき姿に戻す方法>

 

頭蓋骨矯正は顎関節症の改善として活用する際には

 

継続的な施術を行うことが大切です。

 

頭蓋骨全体の形を触れているだけで

 

本来あるべき姿に戻すのが頭蓋骨矯正の特徴となります。

 

 

 

一度に大きな力を加えて強制的に元に戻すのではなく、

 

徐々に形を整えていくというアプローチです。

 

 

 

大きな力を加えて変化させると痛みを伴うだけでなく、

 

骨が動いた影響で周りの組織が傷ついてしまい、

 

炎症を起こして腫れてしまうリスクがあります。

 

 

 

痛みを感じないようにし、

 

身体にかける負担を最小限にしながら

 

頭蓋骨の形を本来の理想的な形に近づけていくのです。

 

 

 

長期的に行っていけば顎関節症の様々な症状が

 

徐々に緩和されていくと期待できます。

<まとめ>

 

顎の不快感を改善するため顎関節症の対策は

 

物理的で痛みを伴うものも少なくありません。

 

外科手術ともなると出血リスクも伴いますが、

 

頭蓋骨矯正であればそのような心配を抱く必要がないのが特徴です。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院ではカウンセリングを行いながら

 

お客様のペースで施術を行っておりますので

 

施術に不安がある際にはぜひお立ち寄り下さい。