甘く見てはいけない顎関節症

顎関節症とは顎関節に何らかの異常があり、口を開くときに音がする、

 

痛みがある、その痛みで口が開かないという病気です。

 

放置していても必ずしも悪化するわけではありません

 

 

 

しかし場合によっては会話や食事ができなくなるくらい

 

悪化する可能性もあります。

 

この顎関節症には様々な方法があります。

 

その中でも根本的な対策の一つとして頭蓋骨矯正があげられます。

 

 

<セルフケアは正しくしないと意味がない>

 

顎関節症は他からではわかりにくいですし、

 

症状も軽度なうちは日常生活に支障をきたすようなこともありません。

 

ですからユーザーさんも

 

「そのうち治るだろう」という安易な考えに陥りがちです。

 

 

 

確かに放置しているうちに症状がなくなったという話もよく聞きます。

 

しかしそれは一時的に痛みが和らいだだけで

 

再発する可能性が潜んでいます。

 

重症化して大変な目にあうこともあります。

 

 

 

やはり病状が軽いうちに対策をオススメします。

 

対策は色々ありますが、

 

薬物投与や外科施術以外の対策は

 

ユーザーさんが自分で行うセルフケアが中心になります。

 

 

 

このセルフケアは長く続ける必要があり

 

お客様の精神力が必要となります。

 

 

 

そこで注目されるのが頭蓋骨矯正です。

 

この方法だと薬物投与や手術を行うことなく

 

顎関節症を治すことができますし、

 

顔のバランスを整えたり肩こりの解消にも繋がります。

<まとめ>

 

頭蓋骨矯正が顎関節症の有効な対策といっても、

 

力任せに頭蓋骨に力を加えるような矯正法はお勧めできません。

 

方法を間違えば効果が出ないどころか

 

病状を悪化させることにもなりかねないのです。

 

 

 

骨を本来あるべき位置に優しく戻していく、

 

それが顎関節症専門ゆらり整体院の改善方針です。

 

顎関節症でお悩みの方は是非一度ご相談に来てみて下さい。