骨をゆっくりと動かす顎関節症の対策

顎関節症の対策として、

 

病院での手術による対策と整体院による矯正です。

 

 

 

二つとも最終的には顎が快適に動かせるようになる

 

可能性がある対策ですが、メスを入れたり歯を抜いたりして

 

行う病院での施術と頭蓋骨矯正を行う整体院の矯正とでは

 

大きな違いがあります。

 

 

 

どちらが良いかを判断できるように内容を知ることは大切です。

 

<身体に優しい矯正による顎関節症の対策>

 

病院の対策と整体院の矯正とで異なるのは

 

症状に対する働きかけ方です。

 

 

 

病院で行われる施術では物理的に働きかけることで

 

顎を正しく機能する形にします。

 

 

 

不要な骨や歯を削ったり

 

関節のつながり方を変えたりすることによって

 

骨格を整え、痛みも不快感もなく顎を動かし、

 

よく噛めるようにする方針が選ばれるのが特徴です。

 

 

 

これに対して整体院で行っている矯正では

 

大きな力を加えることはありません。

 

 

 

顎関節症の対策として身体に優しいのが特徴であり、

 

適度な力を加えていくことで骨をゆっくりと動かして

 

あるべき場所に動かしていくだけです。

 

 

 

この頭蓋骨矯正による方法は

 

身体の修復機能をうまく使いながら

 

顎の形を元通りにすることを目指しています。

 

<まとめ>

 

顎関節症の対策は病院と整体院では全く考え方が異なります。

 

身体のことを考えながら顎関節症を改善していきたいというときには

 

ゆっくりと骨に働きかけていく頭蓋骨矯正が優れている方法です。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院では頭蓋骨矯正の経験が豊富にあり、

 

よく心配される痛みも感じない正しい矯正を提供できますので

 

ぜひご相談下さい。