食事にも影響を及ぼす顎関節症

「口を大きく開けることができない」

 

「口を開け閉めすると音が出る」

 

「硬いものを噛んだときに、あごが痛くなる」

 

という症状が出た場合は顎関節症の疑いがあります。

 

 

 

口が開けにくいため会話に支障が出たり、

 

顎の痛さで食事の痛みを感じる方もいます。

 

そんな顎関節症の悩みを頭蓋骨矯正で施術した

 

40代女性のSさんの体験談を紹介します。

 

 

<体験談紹介>

 

自分が顎関節症だと知ったのは、3年ほど前のことです。

 

テレビで特集が組まれているのをみて、

 

自分に当てはまる項目が多かったために調べてみたら、

 

顎関節症と診断されました。

 

 

 

けれど、確かに口が開けにくかったり、

 

カックンと音がしたりはしましたが、そこまで困ってはおらず、

 

仕事の忙しさに取り紛れて、まあいいかと放置していました。

 

 

 

それがここ最近、食事の痛みが出てきました。

 

それも会社での昼食時に時にひどく痛むため、

 

食事がきちんととれずに午後からの仕事はさんざんですし、

 

職場の人にも心配されてしまうようになりました。

 

 

 

なんとかしなければと情報をかき集めた中で、

 

自律神経整体というものを知り、

 

この痛みをとってくれる可能性があるならば、と来院しました。

<まとめ>

 

Sさんを診察したところ、肩や首のこりも強く表れており、

 

自律神経が深く関わっているという見解になりました。

 

そのため、自律神経整体を施しました。

 

 

 

結果、食事の痛みがなくなった他、肩こりも楽になったとのことです。

 

顎関節症によって開きにくかった

 

口も以前より大きく開くようになりました。

 

 

 

痛みがあるのは辛いことです。

 

お困りのことがあれば、いつでもゆらり整体院に相談してくださいね。