顎関節症から手術以外で立ち直る

顎関節症になってしまうと、改善方法はさまざまなアプローチがあります。

 

しかし痛み止の処方やマウスピースの設置は

 

根本的な解決にならないうえに、

 

歯を削るなどの手術はしたくないという人も多いです。

 

 

 

50代の男性Rさんもマウスピースや手術に戸惑いを感じていたひとりです。

 

Rさんは顎関節症から服症状の頭痛などにも悩まされていたので、

 

自律神経整体や頭蓋骨矯正で対応しました。

 

 

<体験談紹介>

 

顎関節症であると感じ始めたのは40代の頃でしたが、

 

特に支障がなく放置していました。

 

 

 

しかし、50代に入り頭痛や肩こりがする上に、

 

口の開閉にすら痛みが伴うようになったので歯医者に行ったところ、

 

マウスピースや手術の提案をされました。

 

 

 

なるべくならば手術はしたくないと考えていたところ、

 

ゆらり整体院の話を聞き、受診することにしました。

 

 

 

整体院では、顎関節症の改善のために

 

顎の関節とつながっている頭蓋骨の位置を治す

 

頭蓋骨矯正をすることになり、

 

加えて頭痛や肩こりの対処として自律神経整体も受けました。

 

 

 

自律神経整体を受けて割とすぐに頭痛などの症状は軽減し、

 

頭蓋骨矯正を受け始めてしばらくすると顎の異常もなくなったため、

 

手術を受けずに改善することができて感謝しています。

 

<まとめ>

 

顎関節症の対策の一つとして、

 

歯を削るなどといった手術が知られています。

 

しかし、手術はしたくないという人も多く、

 

そのような方々には当院では頭蓋骨矯正などの施術をオススメしています。

 

 

 

顎の関節は頭蓋骨とつながっており、

 

頭蓋骨の歪みを正すことで顎関節症を改善させる施術です。

 

 

 

併せて頭痛・肩こりなどの副症状に効果的な

 

自律神経整体も行っているので、

 

ぜひ顎関節症専門院ゆらり整体院へお越しください。