顎関節症の原因を知ろう

顎の関節をうまく動かせない、大きく口を開けると「カクッ」という小さな衝撃があるなどを数えると、日本人の半数近くが発症していると言われる顎関節症。数ある顎関節症の原因のうち、「頭蓋骨の歪み」が占めている割合は非常に多いです。

 

 

 

ここでは、顎関節症の原因を解説していきますので、日々の習慣の改善が必要なのか、頭蓋骨矯正が必要なのかなどを見極めていきましょう。

 

<顎関節症の原因は大きく分けて5つ>

 

顎関節症の原因は大きく分けて、顎に悪い癖や姿勢、噛み合わせ、精神的ストレス外傷と疾患によるものの5つです。後者2つに関しては、原因が非常に分かりやすく別途外科施術(内科施術)が必要なのは言うまでもありません。

 

 

前者3つが原因であることは多く、それぞれが絡み合っていることも非常に多いです。ストレスによる食いしばりの習慣、歯並びや普段の習慣に起因する噛み合わせ、食事や普段の姿勢の悪さ(横を向いて食べる、頬杖をつく)など、いずれも生活習慣やちょっとした悪い癖が原因となっている可能性が高いです。

 

 

顎関節症を自覚していて、特に上記3つの原因に心当たりのある方は、せっかく頭蓋骨矯正の施術を行っても悪い習慣が元でまた再発する確率が高いため、これを機に見直してみましょう。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症の原因のうち、普段の生活習慣や癖によるものであるケースは非常に多いです。ゆらり整体院では、頭蓋骨矯正や顎関節症の施術だけでなく、普段の生活習慣の改善や正しい姿勢のアドバイスなども行っています。顎関節症の施術についてはもちろん、姿勢や癖の改善の相談も承っておりますので、ぜひお気軽にご来院ください。