あごが痛い!口が開かない!顎関節症の原因は?

食事中にあごが痛む、なんだか口がうまく開かない、あごを動かすと変な音がする。こんな症状に悩んでいる方はいませんか?それらの症状のある方は顎関節症の可能性があります。顎関節症になるとあごの不快感だけでなく、肩こり、頭痛、手のしびれといった症状が起こる事もあります。顎関節症の原因は何なのでしょうか。原因を知って頭蓋骨矯正で症状を和らげましょう。

 

 

<顎関節症の原因は?>

 

あごが痛む、口が開かない、あごを動かすと変な音がするなど、顎関節症の症状に悩まされている方は多いと思います。では顎関節症の原因とされているものにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

・ストレス
(ストレスによって血流が悪くなると筋肉が固くなり影響を及ぼします。)
・姿勢の悪さ
(足を組んだり、頬杖をついたり、うつぶせで寝たり、といった日常の癖が影響します。)
・歯のかみ合わせの悪さ
(片方の歯だけで噛む癖など)
・固い物を噛んだ
・事故などによる怪我

 

 

以上のように、顎関節症の原因には様々なものがありますが、無意識で行っているあなたの癖が顎関節症の原因になっている場合があります。これら日常の癖で生じる顎関節症の症状は頭蓋骨矯正で和らげることができます。

 

<まとめ>

 

顎関節症の原因には様々です。頭蓋骨矯正ではあごの骨と接している頭蓋骨の歪みをなくすことにより、顎関節症の症状をやわらげていきます。これによって、二次的に起こっていた肩こり、頭痛、手のしびれといったつらい症状の軽減につながるかもしれません。ご自分で思い当たる症状、原因のある方は、ぜひ一度ゆらり整体院にご相談ください。