顎関節症の原因は何なのでしょうか

顎関節症になると、顎の痛みで食事の時も口をあけることができず、噛むという動作も辛くなり、精神的にも落ち込んでしまいます。食欲もなくなることもあり、毎日の事なので、悩みも深くなってしまいますね。

 

 

 

顎関節症の原因はいくつか挙げられますが、どのようなものがあるのでしょうか。また顎関節症の対策には頭蓋骨矯正が効果的な場合が多くみられますが、なぜ頭蓋骨矯正が良いのかご説明します。

 

 

<顎の歪みが頭蓋骨の歪みにつながる?>

 

顎関節症の原因には色々ありますが、まず普段の姿勢の悪さや、片方の顎だけで噛む、片方だけの頬杖、歯ぎしりかみ締めなどの癖が考えられます。また、精神的なストレスや、噛み合わせの悪さもよくある原因です。その他にも口を大きく開けるなどの外傷的なものが挙げられます。

 

 

 

原因は一つという事はなく、複合的に重なることも多いようです。このような原因が顎間接の軟骨の歪みや関節円板のずれを引き起こし、顎の痛みをが生じさせます。さらに、顎の軟骨の歪みが頭蓋骨の歪みを引き起こし、脳にも影響を与え、うつ状態や不眠症になることもあります。

 

 

 

頭蓋骨矯正は顎を含めた頭部全体の歪みを直し、顎関節症の痛みや全身の不快な状態を和らげていきます。

 

 

<まとめ>

 

頭蓋骨矯正による施術で、顎関節症の症状が改善する可能性があります。
顎関節症でお悩みのかた、なんでもお気軽にゆらり整体院にご相談ください。

 

 

当院では顎関節症の原因を一緒に考え、施術により顎関節症の痛みや辛さ、全身の不快感を和らげていきます。噛む力を取り戻して一日でも早く健康な毎日を送りたいですね。