あごに痛みが出る顎関節症の原因とは

あごが痛かったり、スムーズに口が開かなくなったりした場合は顎関節症の可能性があります。顎関節症とはあごの関節やその周辺に痛みや機能低下が起きる症状です。

 

 

 

あご以外にも腕のしびれや偏頭痛など体全体に不調が出ることもありますが、多くの場合は頭蓋骨矯正など適切に対処することで症状を抑えることができます。噛み合わせの悪さによって起こる場合が多いですが、顎関節症の原因はそれ以外にも様々なものがあります。

 

 

 

<さまざま理由であごに負担をかけることで起こる顎関節症>

 

顎関節症の原因の一つは、歯に悪い習慣を続けていることです。食べ物を片方のあごだけで噛むことや無意識の食いしばりや歯ぎしり、姿勢の悪さなどが挙げられ、これらの習慣はあご周辺の筋肉の疲労や緊張を引き起こし、顎関節症へとつながっていきます。

 

 

 

歯のかぶせ物が合っていない、歯が変形しているなどの噛み合わせの悪さも顎関節症の原因です。歯の土台となるあごが歪んでいる場合は、頭蓋骨矯正などの施術が有効です。

 

 

 

また、精神的なストレスによって顎関節症になることもあります。急激なストレスは筋肉の緊張や疲労をもたらし、噛み合わせがアンバランスになることであごに負担をかけてしまいます。食いしばりや歯ぎしりもストレスが原因となっているケースが多いです。

 

<まとめ>

 

顎関節症の原因は、日ごろの習慣やストレスなど多岐にわたり、予防のためにはストレスを抱えないことや、日常的な癖を見直すことが大切です。顎関節症の症状は個人差があり、頭蓋骨矯正などの施術で改善が期待できる場合もあります。もしあごの痛みを抱えているのであれば、ゆらり整体院に気軽に相談してみてください。