手術をせずに顎関節症を改善させるには?

顎関節症とは、

 

頭蓋骨が歪んでしまうことによって強い痛みなどが発生するものです。

 

人間の頭は小さいものまで含めてたくさんの骨から構成されているため、

 

余計な負荷がかかると歪んでしまいます。

 

 

 

30代男性Yさんは、顎関節症になってしまいましたが、

 

手術はしたくないと考えていたため、対策ができずに苦しんでいました。

 

以降では手術をしない改善方法である

 

頭蓋骨矯正を行ったAさんの体験をご紹介します。

 

 

<体験談紹介>

 

私が顎関節症になってしまった原因は、姿勢の悪さです。

 

家にいるときはよく寝ころんでテレビなどを見ていました。

 

 

 

姿勢が悪いことは自覚していましたが、

 

楽なので同じようなことをしている人も多いんじゃないかと思っています。

 

顎のあたりに違和感を感じるようになってきたのが始まりで、

 

だんだん痛みに変わっていきました。

 

 

 

ネットで調べてみると顎関節症のようです。

 

しかし、手術はしたくないと思ったので、

 

何もせずしばらく放置していました。

 

 

 

さすがに自然に回復することはなく痛みも継続するので、

 

手術しないで改善できる方法を探して見つけたのが、ゆらり整体院です。

 

 

 

早速受診して頭蓋骨矯正を行ってもらったところ、痛みが和らぎました。

 

これからは、再発しないように姿勢も気を付けたいと思います。

 

 

 

<まとめ>

 

顎関節症になってしまっても、

 

Yさんのように手術はしたくないと思う方がほとんどです。

 

 

 

頭蓋骨矯正の場合は手術をしないため、

 

体にかかる負担もほとんどなく、

 

手術痕のようなものが残ることもな施術方法です。

 

 

 

顎関節症にお困りの方は、ゆらり整体院へお越しください。

 

頭蓋骨矯正について詳しく説明します。