顎関節症と首こりの関連性

首が凝ってしまう症状に悩まされたことはありませんか。

 

急激な痛みはなくても、鈍い痛みが継続するため、

 

困っている方も多いかもしれません。

 

 

 

慢性的に首こりが続いている場合は、

 

骨が歪んでいることが原因の可能性があります。

 

顎関節症の症状の一つで、頭蓋骨矯正が効果的です。

 

今回は、首こりに悩んでいた40代Aさんの体験談をご紹介します。

 

 

<体験談紹介>

 

こんにちは、Aです。

 

首こりには強烈な痛みがないんですが、地味な痛みが続いていたため、

 

仕事に集中できないようなこともあり、困っていました。

 

 

 

一応、対策として長い時間同じ姿勢にならないようにしていたり、

 

首を回したりしていましたが、全然変わりません。

 

 

 

ある時友人から、顎関節症専門ゆらり整体院を紹介され、

 

試しに受診してみたところ、顎関節症と診断されました。

 

頭の骨が歪んでしまったために、首こりにもなってしまったようです。

 

 

 

頭蓋骨矯正を紹介されましたが、

 

矯正と聞くとテレビで強烈に痛がっている人の映像を

 

思い浮かべてしまいました。

 

 

 

覚悟して臨んでみると強い痛みはなく終わってしまいました。

 

首まわりの凝りも解消し、今では仕事に集中している毎日を送っています。

 

 

<まとめ>

 

今回は、顎関節症が原因の首こりの紹介でした。

 

首こりが長期的に続いている場合は、顎関節症の可能性があります。

 

 

 

しかし、

 

一般の人で判断することは難しいため、

 

顎関節症専門ゆらり整体院へお越しください。

 

 

 

 

顎関節症は、首こりの他にも

 

肩こりや腰痛など頭以外にも影響する場合もあります。

 

頭蓋骨矯正は、まだ起きていない症状の予防にもなりますので、

 

損はないと思いますよ。