顎関節症からくる首の痛み

顎関節症は、

 

口の開閉でカクカクと音がなるというような症状が出るものです。

 

一見軽いものに思われますが、重症化すれば首こりや頭痛

 

食欲不振などの全身の不調へとつながることがあります。

 

 

 

今回は、

 

30代の女性で顎関節症を頭蓋骨矯正の施術で解消していった

 

Dさんの体験談を紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。

 

 

 

<体験談紹介>

 

 

私が顎関節症専門ゆらり整体院を訪れたのは、

 

30代の前半の頃で首こりがひどくなったからでした。

 

 

 

首の付け根や頭付け根が痛くなり、重いものを持つのがつらくなり、

 

自分で揉んでみてもどうにもならず、

 

どうしようもなくて行ったのですが

 

診断の結果は顎関節症が原因であると言われました。

 

 

 

顎関節症は小さいころから口を開ける時に音がなっていましたが、

 

とくに異常もなく放置していたので驚きました。

 

 

 

施術では頭蓋骨矯正を中心として行い、

 

とくに身体に負担もかかることなく、

 

合わせて自律神経整体も行うこととなりました。

 

 

 

数か月通ううちに徐々に首こりが治っていき、

 

気が付けば口を開けた時に音がなることもなくなっていて、

 

いつの間にか症状が改善していました。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症になると、

 

口の開閉がしづらくなったりといった問題だけでなく、

 

ときには首こりに悩まされることもあります。

 

 

 

顎関節症を改善するためには頭蓋骨矯正がおすすめです。

 

顎の関節とつながっている頭蓋骨の歪みを矯正することで

 

首こりを改善することもできます。

 

 

 

もし、

 

顎関節症からくる首こりに悩んでいるならば、

 

ぜひ顎関節症専門ゆらり整体院にご相談ください。