顎関節症の改善は体質の改善から

顎の関節が自由に動かない顎関節症になると、

 

大きなストレスがたまりますが、

 

この顎関節症は自律神経の乱れで発症することがあります。

 

 

 

自律神経が乱れると、顎の関節も歪んだり

 

緊張したりするからです。

 

したがって、自律神経整体を受ければ、改善する可能性があります。

 

 

 

そこで、

 

顎関節症で食べたいものが食べられない症状に困っていた50代の男性、

 

Bさんが自律神経整体でいかに回復したのかについての体験談を紹介します。

 

<体験談紹介>

 

いつごろからかわからないのですが、

 

顎がぎくしゃくするようになりました。

 

 

 

最初はそれほどでもなかったのですが、時間が経つにつれ、

 

食べたいものが食べられない会話がしにくいなどの症状が出てきました。

 

とてもイライラして、ストレスがどんどんたまっていったのです。

 

 

 

しかし、

 

いくら精神的に力んでもまったく思うように顎は動いてくれません

 

 

 

どこかで相談をしなければいけないと思っていた時に、

 

顎関節症専門ゆらり整体院のことを知りました。

 

 

 

とにかく何とかしてほしいの思いで、先生に相談することにしました。

 

先生の診断では、自律神経が乱れていて、

 

無理な力が顎に加わり続けた結果、顎関節症になっているとのことでした。

 

 

 

早速、自律神経の乱れを正すべく、

 

自律神経整体の施術を受け、合わせて、

 

頭蓋骨矯正の施術もしていただきました。

 

 

 

幸い、施術がよかったのか、

 

顎関節症の症状が少しずつ改善していきました。

 

これからも施術を続けて、症状の前の状態を目指したいです。

 

<まとめ>

 

顎関節症で食べたいものが食べられないなどの症状と自律神経には

 

密接な関係がある場合があるのです。

 

そのようなときは、自律神経整体の施術が効果的です。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院では、

 

それぞれの顎関節症の原因を見極め、適切な施術を施しています。

 

 

 

自律神経の乱れが原因でも、安心して、施術が受けられます。

 

もしそのような症状でお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

 

真摯に対応します。