顎関節症の人は頭蓋骨や自律神経にも異常が発生する!?

顎関節症は矯正による施術が一般的ですが、

 

ヒドくなると手術が必要になってしまいます。

 

もし症状が重い場合は、患部をメスで開く必要があります。

 

 

 

50代男性のSさんは、顎関節症を患っていましたが、

 

手術はしたくないと悩みを抱えていました。

 

そこで顎関節症専門ゆらり整体院では、

 

頭蓋骨矯正や自律神経整体を提案して施術をしました。

 

Sさんの顎関節症がどうなったのか、体験談を見てみましょう。

 

<体験談紹介>

 

私はあるときから、

 

顎に痛みや違和感を感じるようになっていたのですが、

 

当分の間放置していました。

 

 

 

52歳を過ぎたあたりから、

 

頭痛咀嚼時にアゴ辺りに音を感じるようになり、

 

病院で診断してもらったところ「顎関節症」といわれました。

 

 

 

初めはマウスピースを使った矯正を行っていたのですが、

 

なかなか治らなく症状もヒドくなっていたので、

 

手術をする流れになりました。

 

 

 

説明を聞いても、できるかぎり手術はしたくないと思い、

 

顎関節症の施術を行っている顎関節症専門ゆらり整体院を訪れました。

 

 

 

身体を診断してもらうと、頭蓋骨に歪みが生じており、

 

その影響で身体も歪んでしまっていたそうです。

 

顎関節症を改善させるために、

 

頭蓋骨矯正や自律神経整体を行い体質改善をしていきました。

 

 

 

身体の歪みが改善されると、

 

頭痛などが和らいでいき

 

顎関節症も徐々に良くなっていきました。

<まとめ>

 

顎関節症は頭蓋骨の歪みや、

 

自律神経を整えることで症状の改善が期待できます。

 

「手術はしたくない!」と考えている方には、

 

おすすめの施術方法でしょう。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院でも、

 

顎関節症の悩みでご来院される方も少なくありません。

 

 

 

また、

 

顎関節症になっていない方でも、頭蓋骨に歪みがあれば、

 

顎関節症になってしまう可能性があるので頭蓋骨矯正をおすすめしています。

 

顎に不可解な点がある方は、ぜひ顎関節症専門ゆらり整体院にご相談ください。