顎関節症は自律神経整体で自律神経の乱れから治していきましょう

顎を動かすと痛みや違和感を感じる顎関節症は、

 

珍しい病気ではありません。

 

 

 

原因としてはストレスで自律神経が乱れて

 

歯ぎしりがひどくなることなどが挙げられます。

 

整体院での自律神経整体で自律神経を整え、

 

頭蓋骨を矯正することが大切です。

 

 

 

本日は、

 

顎関節症で食べたいものが食べられないという

 

お悩みを抱えておられた30代Eさんの体験談をご紹介します。

 

 

<体験談紹介>

 

私は数年前から、物を噛むときなどに顎が外れるような感覚があり、

 

痛みと違和感で苦しんでおりました。

 

食べたいものが食べられないときもあり、

 

何とか治したいと良い病院を探していたのです。

 

 

 

そんなときに出会ったのが、顎関節症専門ゆらり整体院さんです。

 

こちらで診てもらったところ、

 

自律神経の乱れを整えることと頭蓋骨の歪みを改善して

 

噛み合わせを良くする対策が必要だと言われました。

 

 

 

それからしばらく自律神経整体や頭蓋骨矯正の施術に通ったところ、

 

あんなに不快だった顎関節症の症状が、かなり改善されてきました。

 

今ではほとんどの物は美味しくいただけております。

 

顎関節症専門ゆらり整体院さんのご指導と施術には

 

本当に感謝しております。自律神経の重要さにも気付きました。

<まとめ>

 

Eさんのように、顎関節症のために食べたいものが食べられない人は、

 

自律神経が乱れていることが考えられます。

 

 

 

辛い症状を我慢せず、ご相談ください。

 

自律神経整体により、自律神経のバランスを整えていくことで、

 

顎関節症が改善された方がたくさんおられます。

 

頭蓋骨の歪みも整体で整えていきます。 どうぞお気軽に、ご相談ください。