顎関節症とはどのような病気なのか

顎は口の動きに関わっている重要な部位なのですが、

 

顎関節症を起こしてしまうと症状によっては

 

日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

 

 

 

そのため必要に応じて頭蓋骨矯正などの

 

施術方法を選択する必要があるのですが、

 

そもそも顎関節症とはどのような病気なのか

 

理解しておかなければいけません。

 

そこで今回は、顎関節症がどのような症状なのか紹介していきます。

 

 

 

顎関節症とは顎の機能障害である

 

顎関節症とは何らかの原因や要因によって

 

顎の関節周辺に痛みや機能障害が起きる病気をさしています。

 

 

 

機能障害としては主に口が開閉しにくいものが挙げられていて、

 

症状の進行によっては痛みがひどくなるだけではなく

 

口が開かなくなったり顎がしびれてしまう、

 

噛むだけで痛みが起きるなどの症状が出てくる可能性があるようです。

 

 

 

また頭痛や肩こり、食欲不振などの全身症状を起こす人もいます。

 

人によっては施術をしなくても自然治癒する場合もあるようですが、

 

口が開かなくなるなど症状が進行してしまうと

 

当然日常生活に支障をきたしてしまうので対策を必要としており、

 

マウスピースを用いた保存療法としての

 

矯正施術や頭蓋骨矯正が行なわれています。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症とは顎の関節やその周辺に起きる機能障害であり、

 

放置していると症状が悪化して日常生活に支障をきたしてしまう

 

可能性があるのです。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院では顎関節症などをはじめとした

 

矯正が必要な疾患にも対応しており、

 

頭蓋骨矯正などの様々な矯正施術を行なっています。

 

 

 

そのため顎関節症に悩んでいる人やなかなか症状が改善しない人は、

 

顎関節症専門ゆらり整体院に気兼ねなくご相談ください。