あなたは知ってますか?体に様々な影響を及ぼす顎関節症

顎関節症とは、口を十分に大きく開けられなかったり、

 

口の閉じ開きで顎関節から音が鳴ったり

 

口を開く際に顎関節に痛みが生じたりする病気です。

 

 

 

これらの症状の原因は、元々の歯の噛み合わせや精神的なストレス

 

普段の癖による顎への負担など様々です。

 

また、その根本原因は頭蓋骨の場合もあり、

 

頭蓋骨矯正が顎関節症改善のための方法になることもあります。

 

以下で顎関節症についてさらに詳しく見ていきましょう。

 

顎だけにとどまらない顎関節症の影響

 

実は顎関節症の症状は、

 

顎関節やその周辺だけではなく全身に及ぶこともあります。

 

 

 

顎の筋肉は首や肩の筋肉とつながっている部分もあるため、

 

緊張して固まった顎の筋肉の影響が肩へと広がりやすく、

 

その結果、肩こりを引き起こすのです。

 

 

 

また顎の筋肉は頭にも付いているので、

 

顎の筋肉の緊張が頭の筋肉へと伝わり頭痛が発生することもあります。

 

では顎関節症を引き起こす原因とは一体何なのでしょうか。

 

顎関節症は複数の原因が絡み合って発症することが多い病気です。

 

 

 

上下の歯の噛み合わせが悪いと、

 

噛むたびに顎がずれ顎関節症の原因になります。

 

 

 

また精神的なストトレスが原因で無意識のうちに

 

歯ぎしりや食いしばりを行っていると、

 

顎に負担をかけてしまい発症することもあります。

 

 

 

顎に負担をかける頬杖なども原因の一つです。

 

頭蓋骨矯正が必要なほど頭蓋骨にゆがみがある場合、

 

ゆがみは顎まで伝わり顎関節症を発症させる要因になり得ます。

 

<まとめ>

 

顎関節症とは、顎の関節から生じる音や痛みといった症状のほか、

 

肩こりや頭痛など体の様々な場所にも影響を及ぼす病気です。

 

 

 

その原因には歯の噛み合わせの悪さ

 

精神的なストレスによる歯ぎしりや歯の食いしばり、

 

頬杖といった日常的な癖など様々なものがあります。

 

 

 

また頭蓋骨にゆがみがある場合には、

 

頭蓋骨矯正が顎関節症改善の方法の一つになることもあります。

 

何かお困りのことがあれば顎関節症専門ゆらり整体院にご相談ください。