顎関節症とはどんな病気?

最近は顎関節症に悩む人が増えています

 

顎が痛んだり口を大きく開けられない人は顎関節症の疑いがあります。

 

食事の際に気になるだけという軽度の症状から、

 

食べ物が飲み込めない呼吸ができないといった重度の症状まで様々です。

 

 

 

しかし、顎関節症は頭蓋骨矯正で治る可能性があるのです。

 

この記事では顎関節症とはどのような病気なのか、

 

また、頭蓋骨矯正との関係についてご紹介します。

顎関節症の大きな原因は歪み

 

顎関節症とは、簡単に言うと顎の関節に何らかの異常があり、

 

「顎が痛い」

 

「口を開きにくい」

 

「顎を動かしたりするとジャリジャリ音がする」

 

などの症状が慢性的におこっている病気です。

 

 

 

顎関節症になる原因も出る症状もそれぞれ違いますが、

 

顎にかかわる異常をまとめて顎関節症と呼んでいます。

 

 

 

症状は顎だけにおさまらず、

 

頭痛や首、背中など全身の痛みや眼の疲れや耳鳴り、

 

嚥下困難や呼吸困難としてあらわれることものあるのです。

 

 

 

顎関節症につながる原因は複数ありますが、その原因が組み合わさり、

 

顎の耐久限界を超えた時に発症するといわれています。

 

特に頭蓋骨の歪みがあると顎関節症を発症しやすくなります。

 

 

 

噛み合わせの悪さも頭蓋骨の歪みにつながるため、

 

顎関節症を引き起こす原因の一つです。

 

顎関節症は頭蓋骨矯正で歪みをとることにより治すことができます。

 

<まとめ>

 

生活習慣と違い、頭蓋骨の歪みは自分では治すことができません。

 

顔が左右対称でない人や食べ物を片側でしか噛まない人も注意が必要です。

 

左右対称ではないということはすでに頭蓋骨が歪んでいる可能性があります。

 

また、片側でしか食べ物を噛まない行為顎が歪む原因になります。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院では頭蓋骨矯正により

 

顎関節症を改善するお手伝いをしております。

 

顎関節症にお悩みの方はぜひ顎関節症専門ゆらり整体院にご相談ください。