口が開けにくい!?顎関節症の原因を知ろう!

顎の違和感を感じることはありませんか?

 

食事をする時に噛みづらい、顎を動かすと音が聞こえるなどは、

 

顎関節症が疑われます。

 

 

 

頭蓋骨矯正を施すと改善する人もいますが、

 

放置すると開口障害につながるケースもあるため、

 

症状を自覚したらなるべく早めに専門家にみてもらいましょう。

 

ここでは、顎関節症の原因について紹介しますね。

 

その癖!顎関節症の原因かもしれません!

 

顎関節症と聞くと噛み合わせが良くないのが原因と考えがちですが、

 

他にもさまざまな要因が重なって起こります。

 

姿勢の悪さや、食べ物を左右のどちらかで噛んで食べる癖のほか、

 

歯を食いしばったり頬杖をついたりする癖も原因の一つと言われるのです。

 

 

 

また、緊張やストレスを感じやすい、

 

顎の部分を怪我して関節や靭帯を傷つけたなども

 

顎関節症を引き起こす可能性があります。

 

 

 

何らかの原因によって頭蓋骨に歪みが起こり、

 

顎の関節を動かす左右の筋肉に影響して顎関節症に至りますが、

 

施術法としては頭蓋骨矯正は有効と言えるでしょう。

 

 

 

ひとつの原因で顎関節症になるとは考えにくいですが、

 

自覚症状がある人は思い当たる原因がないか考えてみてください。

 

 

 

<まとめ>

 

顎関節症は日常で何気なくやっている行為などが

 

症状につながる場合もありますが、

 

さまざまな原因が重なって起こるのが一般的です。

 

 

 

自覚症状があるなら顎関節症になると考えられる癖や習慣を改めて

 

それ以上の悪化を防ぎましょう。

 

また、頭蓋骨矯正など専門的な施術が必要になる場合もあります。

 

顎関節症でお困りならお気軽にご相談ください。