顎関節症を発症する要因について

顎関節症は、自然に治癒するケースもありますが、

 

対策をせずに放置しておくと悪化する可能性もあります

 

 

 

軽症の時点で、

 

対策されていると、施術の期間も長くならなくてすみます。

 

重症化すると施術が難航し、

 

日常生活に支障を来す状態へと陥りかねません。

 

 

 

リスクファクターを理解して、発症予防に努めることが大切ですね。

 

そこで今回は、顎関節症の原因について解説します。

顎関節症と精神的ストレスの関連性

 

顎関節症の発症には精神的ストレスが密接に関係しており、

 

発症者の中には感情が心中に鬱積している方が多いです。

 

 

 

実際、精神的ストレスを溜め込む身体は拒否反応を起こし、

 

脳がストレスを解放する方法として

 

歯ぎしりや食いしばる行動を誘発します。

 

 

 

歯を噛みしめている状態が続くと、

 

口周囲の筋肉に過度の疲労がもたらされて

 

顎のバランスが悪くなりやすいです。

 

不安感や抑うつ感が症状の原因の一つとなっています。

 

 

 

特に完全主義几帳面神経質の性格をお持ちの方は

 

ストレスを感じやすく顎関節症になる可能性が高いので注意が必要ですね。

 

 

 

自身の弱い部分を理解してくれる人との巡り合いによって

 

状態が緩和するケースが多いので、

 

気分転換に外出する習慣を持つことが

 

予防・対策の一つになります。

<まとめ>

 

精神的ストレスの増大は顎関節症だけでなく、

 

多種多様な疾病を引き起こす危険性をはらんでいます。

 

 

 

緊張状態のユーザーの方々の心の声に耳を傾け、

 

頭蓋骨矯正を取り入れたケアを通じて症状の原因を取り除いています。

 

顎関節症の改善、身体の歪みの解消が必要になります。