顎関節症にはどんな原因がある?

顎関節症には、発症するきっかけや病気のなりやすさ、

 

症状を長引かせている原因があり、

 

場合によっては頭蓋骨矯正による施術が必要になることがあります。

 

 

 

どのような人が顎関節症になりやすいのか、

 

身体に現れるサインにはどんなものがあるのか、

 

日常生活で注意すべきことはあるか、

 

事例を交えながら詳しく説明していきます。

 

顎関節症は複数原因の積み重なり

 

一般的に、顎関節症は複数原因の積み重なりで生じることが多いですが、

 

体系的に分類すると、顎に関係する癖や姿勢

 

噛み合わせといった身体的要因ストレスによる精神的要因

 

外傷などの外的要因に分かれます。

 

 

 

顎はブランコのようにぶら下がっている構造のため、

 

外からの圧力に弱く、ボールや壁などにぶつかったりすると

 

顎関節症になることがあります。

 

 

 

食べる時に片側の顎だけで噛む

 

テレビなどを見て横たわりながら食事をする、

 

長時間にわたる頬杖など癖が多い人も要注意です。

 

 

 

また、就寝中の歯ぎしりや日中の食いしばりといった精神的ストレスや、

 

歯科での施術による噛み合わせの影響もあります。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症は、

 

内外からのストレスや日々の生活習慣の中で起こりうる症状で

 

あることが分かりました。

 

症状が悪化しないためにも、早めの対策が大切です。

 

 

 

顎関節症専門ゆらり整体院では、顎関節症の根本原因を追求し、

 

頭蓋骨矯正を含めた整体施術によって

 

一人一人きめ細かい施術を行っています。

 

顎関節症でお困りの方は、お気軽に相談してください。