顎関節症の症状改善をするためには?

普段の状態時に顎の関節音がしたり

 

口が開かなくなったりという症状が出る方は、

 

顎関節症を疑ってください。

 

 

 

また硬いものを食べることで顎が痛くなるなどの症状を

 

感じるのであれば、口を大きく開けることなども控えましょう。

 

 

 

顎関節症と診断されたのなら噛み合わせだけではなく

 

頭蓋骨の歪みが考えられますが、頭蓋骨矯正による施術がオススメです。

 

この記事では、顎関節症の詳しい症状などを説明していきます。

 

 

<頭蓋骨は歪みやすい?>

 

顎の骨格や組み合わせというものは、

 

複雑な機能が組み合わせによって成り立っています。

 

顎関節症は、そうした顎の関節が何かの原因によって

 

痛んだり動きにくくなったりする疾患を指しているのです。

 

 

 

顎関節症の症状として代表的なのは、

 

顎が上手く動かずに食べ物が咀嚼すると痛みを感じることでしょう。

 

また顎を動かすと、

 

感覚としては耳の前あたりでカクカクという音がします。

 

 

 

その他にも開口障害といって口が開かなかった

 

反対に閉じられなくなったりしてしまうのです。

 

顎関節症の症状が進むことで、顎だけではなく肩こりや腕にしびれといった

 

諸症状によって体の他の部分にも痛みが発生します。

 

 

 

顎関節症の原因としては、

 

頭蓋骨の歪みが顎の歪みを引き起こすことが挙げられます。

 

頭蓋骨は23個もの多くの骨が集まって

 

構成されているため歪みやすいのです。

 

 

 

こういった症状の改善をするためには、

 

顎の矯正だけではなく頭蓋骨矯正がお勧めでしょう。

 

 

<まとめ>

 

顎関節症とは、頸椎がズレ頭蓋骨が歪んでしまうことが

 

原因で痛みなどの症状が出てきます。

 

連動した下顎骨の位置がズレ噛み合わせまでも悪くなってしまうのです。

 

 

 

「顎関節症専門ゆらり整体院」はボキボキしない施術によって、

 

歪んでいた身体のバランスを取り戻していきます。

 

たかが顎の不具合くらいと症状を放っておいてはいけません。

 

当院の頭蓋骨矯正をすることで、顎関節症に悩まない身体を取り戻しましょう