顎関節症の改善と頭蓋骨矯正

口が開けづらい、口を開閉する時にカクカクと音がする、

 

食べ物を噛む時に顎が痛むなど、さまざまな症状が気になる顎関節症。

 

比較的20代~40代の女性がかかりやすいと言われていますが、

 

性別や年齢を問わずお悩みのかたは数多くいらっしゃいます。

 

 

 

顎や噛み合わせの問題と考えられがちな顎関節症は、

 

実は頭蓋骨とも深い関係があるのをご存知でしょうか。

 

当院では顎関節症にお悩みのかたへ、頭蓋骨矯正をご案内しています。

 

 

<顎関節症の改善には、頭蓋骨のゆがみを取ることが重要>

 

顎関節症の症状は、顎まわりの痛みや不快感だけにとどまりません。

 

顎関節に異常がある場合は、隣接する耳の三半規管や鼓膜を圧迫し、

 

耳鳴りやめまい頭痛の原因になることもあります。

 

 

 

これらの症状が出ると、全身への影響も大きくなってくるでしょう。

 

顎関節症の症状をやわらげるためには、

 

頭蓋骨の歪みを取ることが重要です。

 

 

 

土台となる頭蓋骨が歪んでいると、

 

顎の関節には大きな負担がかかります。

 

歯の噛み合わせにも影響することが考えられます。

 

頭蓋骨は15種23個の集合体であり、複雑な構造をしています。

 

 

 

歪んでいても自分では気付きにくく

 

また自力で治すことは難しい

 

頭蓋骨矯正を行うことで頭蓋骨の歪みを取り、

 

顎の自然な動きを助けてあげることが重要です。

 

 

<まとめ>

 

辛い顎関節症には、頭蓋骨矯正をオススメします。

 

たいした事がないからと放置しているうちに、

 

痛み止めが必要になるほどの強い痛みが出ることもあります。

 

 

 

また、口が開かなくなることで食事や会話がしづらくなるなど、

 

日常生活に支障をきたすことも考えられます。

 

気になる症状があるというかたは、

 

ぜひお気軽に顎関節症専門ゆらり整体院にご相談ください。