つらい顎関節症を克服するには?

顎関節症は未成熟な顎関節の場合、嚙み合わせの悪さ、悪い姿勢

 

精神的ストレス等の顎に悪い生活習慣、外傷や疾患により生じます。

 

これらの原因により痛みや顎関節周囲の機能低下が起こります。

 

 

 

機能低下は日常生活に支障をきたすこともあるのです。

 

ここでは、頭蓋骨矯正等の顎関節対策について話していきます。

 

 

<顎関節症の改善方法とは>

 

顎関節症の改善方法はその原因の改善や出ている症状に対する対症療法

 

手術による対策関節の位置を正して改善する方法があります。

 

 

 

またマウスピースの装着、ホットパックにより

 

顎周囲の血流を改善するといった保存的な施術もあります。

 

 

 

但し急性期の場合、ホットパックにより患部を温めることで

 

かえって炎症を悪化させることがあり、

 

症状が重症な場合は症状を緩和できても

 

根本的な改善にならないため注意しましょう。

 

 

 

関節の位置を調整する方法として、頭蓋骨矯正があります。

 

頭蓋骨は23個の骨の集合体になっていますが、

 

頭蓋骨矯正では23個の骨の中で不具合を生じている骨を発見し、

 

正しい状態に戻していきます。

 

 

 

結果、脳脊髄液の流れが改善し頭部の機能も正常化するため、

 

関節以外でも自律神経のバランスを整える効果もあります。

 

顎関節症の原因が関節の歪みであれば、

 

頭蓋骨矯正によって顎関節症が改善する可能性があります。

 

<まとめ>

 

口が開けづらく、噛みにくいと食事を楽しむことができません。

 

痛みがあると仕事や他の事に集中でない。。。

 

薬にも副作用がある。。。

 

 

 

もし関節の歪みがその原因であれば、

 

対策としてとして頭蓋骨矯正を使用し、

 

同時に日常生活の癖を修正することで

 

顎関節症を改善できる可能性があります。